シーズンオフのソラシドエアの格安航空券を手に入れる!

img_2491_s夏休みや年末年始などの旅行には各航空会社が特別運賃で運航していたり、旅行会社も団体旅行や個人旅行客のために魅力的なパッケージツアーをいろいろ提案しているのでホテルと航空券がセットになっているお得なパックやオプショナルツアーの付いた旅行など選択肢がたくさんあります。しかし、旅行の最も込み合う時以外の時期は一般的な普通運賃しかない航空会社も多くて、価格変動制のLCCでも利用客が少ない時期には搭乗率が低いため1人当たりの航空券の値段が高くなってしまいます。

シーズンオフに便利に使えるのはソラシドエアの航空券で、出発日から数えて75日前から14日前という5種類の運賃区分でバーゲンシリーズを提供しています。
※ソラシドエアが安い航空券

シーズンに関わらず早めに予約すればその分安くなるので、75日前の「バーゲン75」で購入すれば普通運賃の4分の1程度の値段で航空券が手に入ることもあります。LCCだと人気のないシーズンにはJALやANAの普通運賃よりも値段が高くなる日もあるので、せっかく格安で買おうと思っていたのに逆に高い料金を払うことになるケースもあって節約ができません。

ソラシドエアはLCCの中でもANAの子会社として知られているので機内サービスもあり、値段はANAよりも安いのにほとんど同様のサービスが受けられます。機内持ち込み手荷物や受託荷物もLCCだと限られていて事前に重さを量って購入しないといけない場合がほとんどなのに対して普通の国内線と同じ重量や個数を受け付けてもらえるメリットがあります。国際線への乗り継ぎなども柔軟に対応してもらえて、国内では特に九州方面への格安航空券に強い航空会社です。

img_7138_s旅行シーズンには各航空会社や旅行代理店から大量の航空券やパックが出回っているので安いチケットを探しやすくて便利ですが、シーズンオフの時期には意外と格安航空券の数が少ないので見つけるのが大変です。旅行の日程ある場合はバーゲンシリーズを利用してどのシーズンでも割引を受けられるので、75日前など早めにフライトの日付を決めてしまえば普通運賃やLCCよりもかなり安い値段で航空券を手に入れることができます。

ソラシドエアの運賃はLCCと違って変動制ではなく固定制になっているので後から料金が下がって損をしたような気分になる心配もありません。シーズンオフの航空券は早めの予約を心がけてお得に手に入れましょう。

シーズンオフの格安航空券はソラシドエアがおすすめなワケ

ソラシドエアは、LCC、即ち格安航空会社のひとつです。格安航空会社はいくつもありますが、九州方面への空の旅なら、ソラシドエアを使ったほうがお得な場合が多いです。それは、ソラシドエアでは、さまざまな割引きプランを利用できるからです。例えば、搭乗日の75日前まで予約すれば、正規料金の80%を超える割引きがなされる場合もあります。前日までの予約でも割引きプランが使え、割引き率は低くはなりますが、正規料金よりもずっと安く利用できます。

路線や混み具合によって、割引き額は異なりますが、九州方面に特化した航空会社であるため、その方面への路線できめ細かな割引きサービスが受けられます。
割引き航空券は、予約変更ができません。予約した便に乗れない場合は、キャンセル扱いとなり、キャンセル料がかかります。航空運賃の50%以上の金額となることも多いので、そうそう前もって予約はできない場合もあるでしょう。75日前までの予約が難しい場合は、他の割引きプランも利用できます。60日前までの予約プラン、35日前までのプラン、28日前、そして14日前までのプランもあります。直前予約向けのプランなら、搭乗日の前日まで利用できます。

通常なら、大幅割引きはオフシーズンに限られ、年末年始のような需要の多い時期には割引きプランは使えないこともあるものですが、ソラシドでは、年末年始の便にも60日前割引きプランなどを適用しています。破格の安さでです。年末年始なら、予定は前もって決めやすいですから、こうしたシーズンにも割引きプランが使えるのは歓迎すべきことでしょう。割引き航空運賃は路線別、プラン別、搭乗日時別に細かく決められ、公開されていて、利用者はインターネットで一目瞭然に知ることができます。早めに日程を確定させ、予約を入れて支払いを済ませることです。シーズン中の割引き予約は早い者勝ちです。オンラインでも電話でも予約申し込みができるので、非常に便利です。

シーズンオフの格安航空券なら、割引き率が非常に高くなるので、ますますソラシド利用がお得となります。75日前向けの割引きプランでも、その割引き用の席がすぐ埋まってしまうということはそうないでしょうから、大幅な割引き料金で利用できる可能性が高いです。日中の便よりも早朝便のほうが割引き率は高いので、利用可能な場合は検討してみたいものです。需要と供給で料金がはっきり決まるというのはリーズナブルで、利用しやすいものです。

ソラシドオフの格安航空券はシーズンオフを狙ってさらに格安に!

ソラシドエアは宮崎県に本拠を置く、国内の格安航空会社です。九州方面と羽田を結んでいる他、沖縄と名古屋、関西、九州を結ぶ便も運航しています。ソラシドエアでは、さまざまな割引きプランを用意していて、それを使うと、特にシーズンオフは破格の安さで利用できます。割引きプランを使った格安航空券は、予約変更ができず、予約した便に搭乗できなくなったらキャンセルすることになります。キャンセル料は航空運賃の50%以上になることも多いので、とりあえず押さえておくという予約の取り方はできません。

旅行スケジュールが確定し、変更は決してない、という状況にして、予約することが大事です。けれども、旅行期日が2か月以上前から決まっている場合というのは珍しくありませんから、必ずその便に乗れると確信できたら、すぐ予約することです。搭乗日の75日前に予約できる場合、最も割引き率が高くなります。75日前までの予約向けの席というのには限りがありますので、オフシーズンであっても早い者勝ちです。大人数のグループ等が、どこかの便に乗る可能性は常にあるわけで、スケジュールが確定したら、すぐ予約したほうが無難です。75日前までの予約席がいっぱいになっていたら、60日前までの席を予約することになります。

その場合は割引き率が下がりますので、可能なら他の便にしてもありですね。それが難しい場合は、60日前用の席、35日前、28日、14日前まで向けの割引き席と、検討していくことになります。需要の多いシーズン中なら、そうなる可能性は高めですが、シーズンオフなら低めとなります。ただ、あくまでも需要と供給で決まることですので、確実に席を押さえる場合は、できる限り早く予約を入れることです。

75日前までの予約に適用される割引率は、シーズンオフで需要の少ない便だと80%以上ともなります。こうした値段の航空券を、航空会社から購入できるというのは非常に画期的なことです。こうしたお得なシステムを利用し、破格の安さで空の旅を満喫したいものです。日本ではまだ、飛行機は高いものというイメージがありますが、海外ではエアバスなどとも呼ばれ、とうの昔に身近な足として認識されていました。日本でも格安航空会社の普及が進むにつれ、航空運賃は、リーズナブルなものになりつつあります。

利用者の選択眼も大事です。費用対効果を考え、高すぎるものより、リーズナブルなサービスを利用していきたいものです。

他のLCCよりもソラシドエアが格安で快適!

飛行機は電車や車よりも快適に素早く目的地に着けるので帰省や旅行、出張などいろいろな場面で活躍してくれる交通手段ですが、運賃が高いのがデメリットなので頻繁に利用すると予算を組むのが大変です。JALやANAなど大手の航空会社は運賃が固定されていて値引きもあまりないので、できるだけ安く空の旅を楽しむために最近はLCCを利用する人も増えています。

LCCは大手と違って機内サービスや受託荷物などが限られている分値段が安いので特別なサービスを求めず身軽に旅行をしたい若者に特に人気があります。運賃は変動制なので最安値を狙って予約すれば大手だと何万円もするチケットを数千円程度の値段で手に入れることも可能です。しかし、混んでいる時期や予約のタイミングによっては逆に大手の正規運賃よりも高くなってしまうこともあり、荷物や座席のオプション代も考慮しなければいけないため使い方には注意が必要です。

安い運賃で快適に移動したいときはソラシドエアを使ってみるのがおすすめです。LCCに分類される航空会社ですが、ANAと提携していて特に九州方面の路線に強いのが特徴です。他のLCCと大きく異なる点は運賃が固定制になっていて、搭乗日の75日前から14日前に予約をする「バーゲンシリーズ」というシステムで格安航空券を販売していることです。バーゲン運賃はシーズンオフのときにも適用されるので、ほかの航空会社が特別なセールをやっていないときでも安く買うことができ、個人旅行や帰省に活用できます。

LCCは手荷物や受託荷物が制限されていてチケットと一緒に追加料金を払わなければいけない会社が多いのに対し、ANAと同じように8キロまでの手荷物と20キロまでの受託荷物が無料です。荷物が多いときはLCCだと何千円も追加オプションの料金を払うことになりますが、追加料金なしでかなりの量の荷物を運べるのでトータルの運賃がお得になり、機内でもANAと同様のサービスがあるので快適に旅行ができます。ANAとのcodeshare便も多くて、同じ路線に乗るならANAを予約するよりも数千円安くチケットを買うことができます。早めに予約すればその分割引率の高いバーゲン運賃が適用されてお得なので、シーズンオフの時期に旅行をするなら75日前に買えば通常料金よりもずっと安く航空券が手に入ります。ソラシドエアを活用してよいたびをしてみましょう。”

シーズンオフの旅は格安航空券のソラシドエアで

ソラシドエア(SNA)は、主に東京と九州方面に就航している国内の格安航空会社です。ANAのシステムを利用していて、ANAに近い航空会社であるため、格安航空券の制度も似たところが多いです。西日本方面で空の旅をする場合、特にシーズンオフなら、ソラシドエアの利用がおすすめです。

羽田からは、宮崎、熊本、長崎、大分、鹿児島に就航しています。宮崎県の航空会社であるため、宮崎空港への便数が最も多く、1日に7往復しています。沖縄へも5つの空港から便を飛ばしています。名古屋、神戸、宮崎、鹿児島、そして石垣空港から那覇へと毎日就航しています。神戸空港からは1日3往復していますので、関西から沖縄へ向かう場合は便利に利用できます。

ソラシドエアは格安航空会社であり、割引きプランを使うとさらに大幅な割引きが受けられます。例えば、東京から鹿児島への早朝便だと、予約変更ができない航空券で比較した場合、従来の航空会社より片道1万円も安くなります。従来の航空会社は、時間帯によって航空運賃に差をつけることはそれほどしていませんが、ソラシドはその都度航空運賃を変えます。需要の少ない便は安くなりますから、リーズナブルな料金体系と言えるでしょう。予約変更が可能な普通航空運賃だと、従来の航空会社よりも高くなりますが、予約変更が可能な航空券を利用するケースはそれほど多くありません。

なぜなら、予約変更のできない割引き航空券の販売が、搭乗日の前日までおこなわれているからです。搭乗日の前日までなら、予約できるケースが多いでしょうから、なにも正規料金でオープン券を買う必要はないわけです。予約した便に乗れなくなったら、予約変更はできませんから、キャンセル扱いとなります。前日まで予約可能な割引きプランの場合のキャンセル料は、キャンセル日に関わらず、航空運賃の75%です。

割引きプランはいろいろあり、最もお得なのは75日前まで予約するプランです。予約変更可能な正規料金の、5分の1以下になることもあります。混み具合によっても割引き率は変わ
ります。予約変更はできませんので、75日前までスケジュールを確定できた場合に利用できます。80%を超える割引き率というのはたいへんな魅力ですので、予約日時を最優先に、予約後の2か月半を過ごす覚悟で申し込んでみるのもいいかもしれません。遠方への旅行は、たいてい数か月前からスケジュールを決めているものです。そう難しいことではない場合も多いでしょう。